シマダ機工 有限会社 [マシニング加工.com]品質マニュアル

5.1 経営者のコミットメント

  1. 経営者は,品質マネジメントシステムの構築,実施,有効性の継続的改善に全力で取り組む。
  2. 経営者は,この誓約(コミットメント)の証拠として,以下を実施する。
    1. 顧客要求事項,法令および規制要求事項を満たすことの重要性を社員に周知させる。
    2. 品質方針を設定する。
    3. 各部門に品質目標を設定させる。
    4. マネジメント・レビューを実施する。
    5. 必要な資源を提供する。

5.2 顧客重視

  1. 経営者は,顧客満足を向上させるためにマネジメント・レビューにおいて製品要求事項が決定され,満たされているかを評価し,必要な指示を出す。

5.3 品質方針

  1. 経営者は,以下を満たした「品質方針」を定める。
    1. 当社の目的に対して適切である。
    2. 要求事項への適合及び品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善に対する誓約(コミットメント)を含む。
    3. 品質目標の設定及び評価判定(レビュー)の基準(枠組み)となる。
  2. 品質方針は、次の手順で運用する。
    1. 品質方針は,社内に掲示し,全社員に周知させ,理解させる。全社員は作業日報編集前に品質方針を確認する。
    2. 品質方針は,適切性を持続するために,毎年4月及び必要に応じて再評価する。

5.4 計画

5.4.1 品質目標

  1. 「マネジメントシステムとは,方針・目標を設定し,達成するためのシクミ」と定義されており,目標の設定と実行はマネジメントシステムにとって最も重要なことである。加工目標などのモノをつくる上での目標については7.(製品実現)で決定されるが,ここでは組織運営上のプロセス目標を決定する。(「図表4-1組織運営フロー図」参照)
  2. 各部門は以下の手順で品質目標を設定する。
    1. 各部門長は,以下の項目を「プロセス分析表」で明確にする。
      1. プロセスの活動
      2. 保有する資源(設備,人員)
      3. インプット(材料,情報),
      4. アウトプット(成果,文書,製品)
      5. 目標
      6. 目標の管理指標(期限を含む)

        fileプロセス分析表_技術.doc

        fileプロセス分析表_事務.doc

        fileプロセス分析表_製造.doc

        図表4-1組織運営フロー図

        図表4-2運営組織図

    2. 管理責任者は,生産会議などで協議し,各部門の「プロセス分析表」の中から重要な品質目標を選び,全社の「☆品質目標一覧表」として文書化する。
    3. 経営者は,「☆品質目標一覧表」をマネジメント・レビューで評価し,承認する。
  3. 品質目標は以下の要件を満たすものにする。
    1. 品質目標には,製品要求事項を満たすために必要な目標もあれば含める。
    2. 品質目標は,現状を維持する目標でも,現状を改善する目標でも良い。
    3. 品質目標は,達成度が判定できる指標と期限を持っている。
    4. 品質目標は,品質方針に示す基準(枠組み)と矛盾しないものにする。
  4. 品質目標は以下の手順で運営管理する。
    1. 各部門は,「☆品質目標一覧表」をもとに各プロセスを実行し,監視(8.2.3参照)し,その結果を分析(8.4参照)し,生産会議で協議し,最終的にマネジメント・レビューに結果を報告する。
    2. ☆品質目標一覧表」に掲載された以外の目標は,各部門が自部門の目標項目として管理し,必要があれば生産会議またはマネジメント・レビューに報告する。

参考(目標を高く掲げ、全体を見渡す)

mokuhyou.jpg

file目標と現状のギャップの図.xls

  • 理想と現状の間にはさまざまな障害、問題があり、ギャップがある。
  • 目標という目線を高く設定すると、その目線の下にある問題が初めて見えるようになる。
  • 目標が高ければ高いほど、現状とのギャップは大きく、問題は大きく、増えることになる。
  • 問題が無い、障害が無いと思うのは、目標が低いから問題が見えていないのである。
  • 改善が進み、問題が少なくなってきたと思ったら目標をより高く掲げ、理想に近づける。

5.4.2 品質マネジメントシステムの計画

経営者は,以下の事項をマネジメント・レビューで評価し,必要な指示をする。

  1. 一般要求事項(4.1節)および品質目標を満たすために,品質マネジメントシステムの計画が問題なく実行されている。
  2. 品質マネジメントシステムを変更する場合でも,混乱が発生しないように全体が調整されている。

5.5 責任,権限およびコミュニケーション

5.5.1 責任権限

  1. 各部門および階層の責任と権限を「図表4-2運営組織図」に定め,公開し周知させる。
  2. 責任権限に関しては以下のように運用する。
    1. 「運営組織図」の下位者の有する権限は,その上位者も行使できる。また,文書による伝達により,上位者の権限を代行できる下位者を置くことができる。
    2. 自己の責任と権限の範囲を越えると判断される事態が発生した場合には,適宜会議の開催又は上位者との相談により,責任権限の明確化を行う。

5.5.2 管理責任者

  1. 経営者は,組織の管理層の中から管理責任者を任命し,「図表4-2運営組織図」で明確にする。
  2. 管理責任者は,次の事項に関する責任権限を持つ。
    1. 品質マネジメントシステムに必要なプロセスの確立,実施,維持の徹底
    2. 品質マネジメントシステムの成果を含む実施状況および改善の必要性を経営者に報告
    3. 全社員の顧客要求事項に対する認識を高めるための活動
    4. 品質マネジメントシステムに関連する事項について外部との連絡
  3. 管理責任者の責任権限は,兼務する他の責任権限とは関係なく,独立したものとする。

5.5.3 内部コミュニケーション

  1. 管理責任者および各部門は以下の手順で社内コミュニケーションを行う。
    1. 管理責任者は,適宜生産会議を開催し、プロセス状況,目標達成度など品質マネジメントシステムの有効性に関する情報交換を行う。
  2. 各部門は,電子メール,データ交換、作業日報を利用して日常的な情報交換を行う。

5.6 マネジメント・レビュー

5.6.1 一般

  1. 経営者は,設計製造工程表が格納されている「_全体総括.mpp」ファイルのスケジュールに基づき(6ヶ月に1回以上),品質マネジメントシステムを評価判定(レビュー)する。休日は除く。
  2. マネジメントレビューでは、次の事項を行う。
    1. 品質マネジメントシステムが,引き続き,適切であり,妥当であり,有効であることを確認し,必要な指示を出す。
    2. 品質マネジメントシステムを改善すべきかの評価,品質マネジメントシステム,品質方針,品質目標を変更すべきかを評価する。
  3. レビュー結果は「マネジメントレビュー記録」として記録し、全社員が作業日報にて閲覧する。
  4. 要処置事項が出た場合は,「_全体総括.mpp」ファイルにあるフォローアップリストに要処置事項、期限を盛り込んで処置を実施する。

5.6.2 マネジメント・レビューへのインプット

管理責任者および各部門長は,マネジメント・レビューのために以下の情報を準備する。

  1. 内部監査および外部審査の結果
  2. 顧客情報(フィードバック)
  3. プロセスの成果を含む実施状況(目標の達成度,設備状況,力量管理),製品の適合性
  4. 予防処置および是正処置の状況
  5. 前回までのマネジメント・レビューに対するフォローアップ
  6. 品質マネジメントシステムに影響を及ぼす可能性のある変更
  7. 改善のための提案

5.6.3 マネジメント・レビューからのアウトプット

経営者は,マネジメント・レビューの結論として,以下の事項に関して決定を行い,各部門に実行を指示する。

  1. 品質マネジメントシステムおよびそのプロセスの有効性の改善。
  2. 顧客要求事項を満たすための製品改善。
  3. 必要な資源。

添付ファイル: file品質目標一覧表20100202.xls 735件 [詳細] file品質目標一覧表.xls 962件 [詳細] fileプロセス分析表_製造.doc 1393件 [詳細] fileプロセス分析表_事務.doc 1407件 [詳細] fileプロセス分析表_技術.doc 1675件 [詳細] file目標と現状のギャップの図.xls 1124件 [詳細] filemokuhyou.jpg 795件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-12 (日) 11:21:52 (524d)