シマダ機工 有限会社 [マシニング加工.com]品質マニュアル

4.1一般要求事項

  1. 当社は,ISO9001の要求事項に従って品質マネジメントシステムを構築し、実施し,維持管理する。また,その有効性(目標達成能力)を継続的に改善する。
  2. プロセスとは、価値のある結果を生み出していく一連の活動であるが、当社の品質マネジメントのプロセスは,大きく「組織運営プロセス」と「製品実現プロセス」に分けられる。
    1. 組織運営プロセスは、「経営責任プロセス」,「資源運用管理プロセス」,「製品実現プロセス」,「測定改善プロセス」という一連のプロセスからなる。

      図表4-1組織運営フロー図」参照

    2. 製品実現プロセスは、「組織運営プロセス」の一部で,「提案プロセス」,「製品設計プロセス」,「工程設計プロセス」,「受注プロセス」,「生産プロセス」,「出荷プロセス」,「品質保証プロセス」などのサブシステムから構成される。

      図表7-2製品実現プロセスフロー図」参照

  3. 品質マネジメントのプロセスに関して,以下の事項を実施する。
    1. 図表4-2運営組織図」に従って,社内組織を運営管理する。
    2. 図表4-1組織運営フロー図」および「図表7-2製品実現プロセスフロー図」に示す順序および相互作用によって,プロセスを運営管理する。
    3. 本マニュアルおよび関連手順書に示す判断基準および方法に従ってプロセスを効果的に運用および管理する。
    4. 6.(資源の運用管理),4.2(文書化に関する要求事項),5.5.3(内部コミュニケーション),7.2.3(顧客とのコミュニケーション)に従って,運用および監視を支援するための資源および情報を用いる。
    5. 8.2(監視測定)に従ってプロセスを監視し、適用可能な場合には測定し、8.4(データ分析)に従って分析する。
    6. 計画通りの結果を得るため,かつ継続的改善を達成するため,8.5(改善)に従って処置する。 以上の品質マネジメントのプロセスは,ISO9001の要求事項に従って運営管理する。
  4. 外部委託(アウトソース)
    1. 外部組織に作業とその実行管理を委託する以下のプロセスは「7.4購買」の手順に従って運営管理する。

4.2文書化に関する要求事項

4.2.1 一般

  1. 当社の文書の構成(文書体系)を以下に示す。
    1. 基本文書:品質方針,☆品質目標一覧表,品質マニュアル,様式など
    2. 運用文書:個別の製品およびプロセスの管理を定める文書。図面,作業手順書,台帳など。
    3. 外部文書:社外で作成した文書。仕様書・図面,法令,規格,カタログなど。
    4. 記録:ISO9001が要求する記録および当社が必要とする記録。
  2. 文書は情報とそれを保持する媒体からなるが,媒体は,電子媒体でも紙でも良く,印刷したものでも手書きでも良い。

4.2.2 品質マニュアル

当社は以下の必須記載項目を含む品質マニュアルを作成し、維持する。

  1. マネジメントシステムの適用範囲を本マニュアルの1.(適用範囲)に示す。
  2. 文書化が要求されている6つの手順「文書管理」,「記録管理」,「内部監査」,「不適合製品管理」,「是正処置」,「予防処置」は,本マニュアルに含まれる。
  3. プロセスの相互関係を「図表4-1組織運営フロー図」に示す。

4.2.3 文書管理

社内文書管理システム構成図」参照

  1. 作成と承認の手順
    1. 基本文書
      1. 管理責任者が作成し,承認して即座に公開して運用する。パスワードを持ったものが登録することを承認とみなす。
    2. 運用文書
      1. FAX,コピー,手書き,電子文書など様式は問わないが,作成後,管理責任者が内容の妥当性を確認し、承認してから社内文書管理システムに登録する。
      2. 登録以降は社内文書管理システムに電子登録されているものをマスターとし、その他の様式のものはすべて仮文書とする。
    3. 外部文書
      1. レビューし、承認したのちに保管する。
    4. 検証前の文書又は該当業務以外の目的で作成された文書は、すべて仮文書とする。
  2. 見直しと更新の手順
    1. 基本文書
      1. 文書改訂は、素案作成も含めて全て社内文書管理システムにて実施する。
      2. 運用時に問題がある場合は経営者,管理責任者が内容の妥当性を確認し,[バックアップ]をもとに修正する。
      3. 管理責任者が定期的(内部監査後)に、または必要に応じて全体的な見直しを行い,承認したのちに社内文書管理システムに即座に公開して運用する。
      4. 更新した日付は社内文書管理システムの[バックアップ]機能にて確認し、更新内容は[バックアップ]->[現在との差分]にて把握する。
      5. 特に周知したいものについては、電子メールなどで関係部門に改訂内容を伝え問題が生じないようにする。
    2. 運用文書
      1. 承認権限の無いものが更新する場合は、適宜更新したのちに承認依頼の電子メールを管理責任者に送る。管理責任者は承認したのちに文書管理システムに登録する。
      2. 承認権限のあるものが更新する場合は、適宜更新したのちに承認し、文書管理システムに登録する。
    3. 外部文書
      1. 最新版がある場合は、管理責任者の許可を得たのち、旧版を廃止する。
  3. 変更管理の手順
    1. 基本文書
      1. 変更箇所の識別は、全て社内文書管理システムに依存する。変更箇所の表示は[バックアップ]->[現在との差分]機能にて行う。
      2. 削除の場合は,文書のリンクを外し、文書の先頭に<廃止文書>と表示して凍結処置を行う。文書そのものは削除しない。
      3. 改訂版の識別として,改訂の年月日を[バックアップ]機能により明示する。
    2. 運用文書
      1. 様式では、ヘッダー欄の右側に改定年月日を○○○○年○○月○○日で示す。
      2. Excelにて作成の様式の履歴は「ワークシート」に改訂年月日を○○○○年○○月○○日で示し、旧版を右に送る。
      3. 様式以外の文書では、1ページめの適切な場所に改定年月日を明記する。
      4. 改訂の履歴は個別の電子ファイルの[ファイル]->[プロパティ]->[詳細情報]タブにて表示する。
  4. 配布管理の手順
    1. 基本文書
      1. 社内文書管理システムにて即座に公開する。
      2. 社内文書管理システムに登録した物だけを管理文書とみなす。
      3. 必要に応じて管理文書をプリントアウトしてもよいが,プリントアウトしたものは管理文書の扱いはしない。
      4. 各部門は,連絡された基本文書を連絡された時点で参照し、内容を確認する。
    2. 運用文書
      1. プリントアウトして使用する運用文書は、基本文書内に常に最新版が保管してあるためそのつど基本文書を参照のこと。
      2. プリントアウトして運用した紙文書は社内文書管理システムにてスキャンし、その運用文書を印刷したページの指示にしたがって保存する。
      3. 電子文書は,「ISO文書フォルダ」に保管し,適宜バックアップして保護する。
    3. 外部文書
      1. 法令,規格,契約書などの外部文書は、外部文書としての識別が困難な場合、文書の適切な場所に「外部文書」と明記するか、ファイルの表示などで識別する。
      2. 外部文書は管理責任者が一括保管するが、配布または回覧する場合は,本紙に承認印またはサインしてから配布または回覧する。
  5. 廃止文書の誤使用防止,廃止文書の保持
    1. 廃止文書の原本は,作成部門が焼却,切断,消去などの手段で抹消する。
    2. 配布された文書が廃止された場合には,社内文書管理システムにて告示する。
    3. 何らかの目的で廃止された文書を保管する場合は,電子文書の場合はファイル名先頭に廃止文書と明示し、その他の文書の場合は表紙に廃止文書と明示する。

4.2.4 記録の管理

  1. 記録は,要求事項への適合及び品質マネジメントシステムの効果的な運用の証拠を示すために作成し,保管する。
  2. 読みやすく,識別容易で,検索可能にするため,以下の手順に従って実行管理する。
    1. 記録は,文書名,作成部門,作成日付,製品名,プロセス名,人名などで識別する。
    2. 記録は,基本的にこの「品質マニュアル」の各項目に定める様式に記録する。定められた様式以外を使用する場合は,記録と明確にわかるように表示する。
    3. 記録は,すべて「ISO文書フォルダ」に保管する。
    4. 電子記録は2ヶ月以内の定期的なバックアップで保護し,紙の記録はファイルまたはケースに入れて保護する。
    5. 電子記録の検索は,検索ツールによって行い,紙の記録はファイル名,ケースの表示,文書名,作成部門,作成日付,製品名,プロセス名,人名などにより行う。
    6. 記録の保管期間は,法令または利害関係者により要求期間が定められているものはそれに従う。それ以外のものは最低3年間保存する。
      1. 特別に長い保管要求期間がある文書については、表紙に「40年保管記録」などの表示を行うこと。
    7. 記録の廃棄は,管理責任者の承認後行う。

参考(品質マネジメントの原則)

  1. 顧客重視・・・顧客の視点で考え,顧客満足を追及する
  2. リーダーシップ・・・方針・目標を明確にし,働きやすい環境を作る
  3. 全員参加・・・情報交換,教育・訓練を徹底し,現場力を高める
  4. プロセスアプローチ・・・プロセスの原因・結果を明確にし,原因を管理する
  5. システム志向・・・全体バランスを考え,一段高い視点から管理する
  6. 継続的改善・・・小さな工夫を積み重ねて目標を達成する
  7. 現実志向・・・きちっと記録をとり,事実に即して判断する
  8. 供給者との共存共栄・・・供給者を育成し,供給者の能力を信じ,生かす

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-15 (日) 00:23:19 (2566d)